肺がんの転移

肺には血液が集まってくるため、その血液に乗って癌細胞が他の臓器に到達するため、肺がんは転移しやすい特徴を持っています。原発巣にとどまっていない場合には、治療方針にも影響しますし、病期(ステージ)の分類にも関係します。たとえば、非小細胞がんの場合であれば、まったく肺がんの転移がない状態ならステージ鬼、リンパ節転移があればステージ挟といった具合です。

したがって、大きな問題になることを理解しなくてはなりません。特に小細胞癌の場合には、早い段階から転移を引き起こす傾向がありますので要注意です。また、腺がんも比較的早い段階から転移を始め、胸膜播種(胸膜に癌細胞がこぼれ落ちてしまうこと)が特徴的です。

肺がんが転移しやすい部位

脳、骨、肝臓、副腎などがあります。

転移による症状と治療

転移した部分によって様々な症状を引き起こしますので、一定ではありません。ここでは、リンパ節、脳、骨、肝臓について見ていきましょう。

・リンパ節転移
進行すると咳や上半身のむく、呼吸困難を引き起こします。

・脳転移
脳の中の転移した部位によってけいれんや麻痺、感覚障害、ふらつき、精神症状、視覚障害、頭痛、吐き気、嘔吐などが生じます。放射線治療によるガンマナイフや薬物療法を用います。手術を行うこともあります。

・骨転移
骨の中でも肺がんは肋骨や胸椎、腰椎、骨盤、大腿骨に転移しやすい性質があります。これらの骨の痛みや骨折を引き起こすほか、神経麻痺や喉の渇きの原因になります。治療には放射線治療や鎮痛剤、骨吸収抑制剤であるビスホスホネートを使います。

・肝臓転移
血液が門脈を通じて肝臓に流れ込むことが原因で起きます。腹部のしこりや黄疸、浮腫、倦怠感などがあります。通常は抗がん剤を用います。

転移の検査

・CT
リンパ節や骨、頭部、頸部、肝臓、腎臓、副腎への転移の状態を調べます。検査のスピードが速いことが特徴です。

・MRI
脳や骨の状態を調べるために用います。

・骨シンチグラフィー
骨転移の検出に使われます。MRIと異なり、全身の骨の状態を調べることができます。

・PET
検査の精度として非常に優れています。ただし、PETの設備を有している病院は限られているため、どの病院でも受けられる検査ではありません。

転移性肺がん
肺には血液が大量に流れ込むため、肺にある癌細胞が他の臓器に運ばれやすい半面で、他の部位から癌細胞が運び込まれることも多くなります。こうして他の部位にできた癌が肺に転移したものを転移性肺がんと呼び、元々肺で発生した原発性肺がんと区別されます。特に下葉は転移が起きやすい場所となっています。転移性肺がんの特徴としては、2箇所以上に生じることが多いことが挙げられます。

 

また、もともとの癌の性質を持っていますので、胃がんから転移してきた場合であれば、胃がんの性質を持っています。肺に転移しやすいのは、胃がんの他に大腸がん、すい臓がん、甲状腺がん、子宮がん等があります。

治療としては、手術を行う場合もありますが、基本としては抗がん剤による化学療法です。たとえ発見された転移が1つしかなくても、隠れたものが他にもあると予想されるためです。当然、これとは別に原発巣の治療も必要となります。


食事を変えただけなのに癌が・・・
驚きの結果をもたらした方法とは?

【総力特集】
こんな方法で肺がんが・・・

当サイトコンテンツ
肺がんの名医

肺がんの検査

肺がんの初期症状

肺がんの末期

肺がんの手術

肺がんと抗がん剤

肺がんの放射線治療

肺がんのレーザー治療

肺がんの予防

肺がんの再発

肺がんの転移

肺がんの脳転移

肺がんのステージ

肺がんの生存率

肺がんの余命

小細胞肺がん

肺がんと線がん

肺がん闘病記


Copyright (C)肺がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system