肺がんと抗がん剤

肺がんを抗がん剤による治療で回復させようとする場合、一般的には小細胞癌に効果が高く、非小細胞癌には効果が薄いとされています。 抗がん剤 の効き目があまりない非小細胞癌は、腺がんや扁平上皮がん、大細胞がん、腺扁平上皮がんなどの総称で、肺がんの80%から85%を占めます。大して、 抗がん剤 が効きやすい小細胞癌は、15%から20%程度でしかありません。

そのため、腺がんや扁平上皮がんなどの非小細胞癌の場合には、初期の段階であれば手術療法を用いるのが一般的です。それに対して、小細胞癌の治療の中心は 抗がん剤 を用いる化学療法です。もちろん、それぞれの場合で症状の進行の状態や転移の進み具合、全身状態などを考慮に入れて治療方針を決定することになります。

病期(ステージ)別に、肺がんと抗がん剤治療の関係を見ていきましょう。これは標準治療ですので、患者さんの状態や専門医の方針で、必ずしもこの限りではないことがあるため、目安として考えてください。

まずは小細胞癌についてです。限局型と進展型に大別されますが、限局型の場合には、抗がん剤による化学療法が中心となり、そこに手術療法や放射線治療を組み合わせることがあります。進展型になると、抗がん剤を用いるほか、放射線治療を単独で用いる場合もあります。

続いて、非小細胞癌の場合です。原則として、ステージが0期の場合には化学療法は用いません。ステージが鬼になると、手術を行った後に抗がん剤を用いる術後化学療法を用いることがあります。挟も同様です。

A期においては、術後化学療法のほかに、手術の前に抗がん剤を用いる術前化学療法や、放射線治療と抗がん剤の合併療法を行うことがあります。B期になると、抗がん剤と放射線治療の合併療法のほか、抗がん剤による化学療法を単独で用いることもあります。もっとも末期のステージに当たる鹸では、抗がん剤を単独で用いる場合があります。

このように、肺がんに抗がん剤を使うといっても、それぞれの小細胞癌と非小細胞癌によって性質が異なりますし、ステージによっても話は変わってきます。他の治療法との選択も含めて検討していく必要があります。肺がんに使う抗がん剤の種類を以下に挙げておきます。

小細胞癌に用いる抗がん剤

シスプラチン、カルボプラチン、エトポシド、イリノテカン、シクロホスファミド、ビンクリスチン、ドキソルビシン、イフォマイド、アムルビシン

非小細胞癌に用いる抗がん剤

シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、マイトマイシンC、ビノレルビン、ドセタキセル、イリノテカン、ティーエスワン、パクリタキセル、ゲムシタビン、ゲフィチニブ

これらの抗がん剤を肺がんの治療に用いる際には、1つのものを使う単剤療法のほかに、複数のものを組み合わせる併用療法があります。併用療法の目的は、症状改善の効果の向上や、副作用の緩和を図ることです。

肺がんに抗がん剤を用いる場合の副作用としては、骨髄抑制による白血球・好中球・赤血球・血小板の減少、嘔吐・吐き気・下痢などの消化器障害、心不全や不整脈、間質性肺炎などの心肺毒性、脱毛、貧血、倦怠感、手足のしびれなどがあります。これらの副作用を予防するための薬剤もありますので、自分で抱え込まずに、辛い時には専門医に相談することが必要です。

まず吐き気や嘔吐を抑える制吐剤として、5-HT3阻害剤があります。肺がんに多く用いられる抗がん剤であるシスプラチンは吐き気や嘔吐といった副作用を引き起こすものですが、5-HT3阻害剤によって、それらの副作用を抑えることができます。

また、好中球の減少の際に用いる薬剤として、G-CSF制剤があります。これは、好中球を作り出すたんぱく質を体外で作成したものです。これによって、体を最近から保護するために必要な好中球の減少に対応することができます。

効果や副作用については、経過を見ながら方針を変更することがあります。肺がんに抗がん剤を用いる場合に限ったことではありませんが、専門医とよくコミュニケーションを取って、副作用によって体が影響を受けているようなら、そうした変調についても、しっかり把握しておいてもらいましょう。


食事を変えただけなのに癌が・・・
驚きの結果をもたらした方法とは?

【総力特集】
こんな方法で肺がんが・・・

当サイトコンテンツ
肺がんの名医

肺がんの検査

肺がんの初期症状

肺がんの末期

肺がんの手術

肺がんと抗がん剤

肺がんの放射線治療

肺がんのレーザー治療

肺がんの予防

肺がんの再発

肺がんの転移

肺がんの脳転移

肺がんのステージ

肺がんの生存率

肺がんの余命

小細胞肺がん

肺がんと線がん

肺がん闘病記


Copyright (C)肺がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system