肺がんの生存率

全がん協加盟施設が発表した肺がんの生存率を見ると、病期(ステージ)ごとに、ステージ気78.2%、ステージ兇44.5%、ステージ靴19.8%、ステージ犬3.7%となっています。この生存率を見て分かることは、初期症状から末期に進行するにつれ、如実に肺がんの生存率は下がるということです。

ステージ気魯好董璽賢犬量20倍の割合で、5年後にも生きていられるということを、この数字は表しています。早期発見・早期治療がいかに重要であるかを、改めて痛感させられる結果でしょう。

ただし、肺がん生存率は統計によって収集された平均的な数字であり、同じ病期であっても、患者さんごとの個人差があるものです。たとえば、転移があるのか、どういったタイプの癌か、全身状態や年齢、合併症の有無によっても影響を受けます。また、病院ごとに肺がんの生存率は異なりますし、専門医の力量によっても左右されます。

したがって、ここで挙げる数字は、あくまでも一般的な目安として考えてください。たとえ末期に近づいていても、そこから回復する患者さんがいることを忘れないでほしいのです。

肺がんの生存率を、病期ごとに非小細胞癌(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がん)と小細胞癌に分けると、非小細胞癌では5年生存率が鬼:70%、挟:50%、A期:25%、郡の中でも放射線治療と抗がん剤の合併療法を行った場合は15〜20%(2年生存率で40〜50%)、鹸で抗がん剤を用いる場合には1年生存率が50〜60%です。小細胞癌では限局型でおよそ25%、進展型で3年生存率が10%です。

これらの数字を目安としながらも、よりよい肺がん治療を受けることで、少しでも良い結果を得られるようにしてください。難治がんの代表格である膵臓がんと比べれば良好ではあるものの、肺がんの生存率は癌の中でも低い部類に入ります。厳しい数字ではありますが、現実から目を逸らさず、最善の策を尽くしましょう。


食事を変えただけなのに癌が・・・
驚きの結果をもたらした方法とは?

【総力特集】
こんな方法で肺がんが・・・

当サイトコンテンツ
肺がんの名医

肺がんの検査

肺がんの初期症状

肺がんの末期

肺がんの手術

肺がんと抗がん剤

肺がんの放射線治療

肺がんのレーザー治療

肺がんの予防

肺がんの再発

肺がんの転移

肺がんの脳転移

肺がんのステージ

肺がんの生存率

肺がんの余命

小細胞肺がん

肺がんと線がん

肺がん闘病記


Copyright (C)肺がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system