肺がんの検査

肺がんの検査によって初期症状のうち、あるいはそれに近い段階で発見することができれば、その後の治療が上手くいく可能性が高まります。末期に近づくほど手術やレーザー治療が使える可能性は下がり、5年生存率も低下します。したがって、検査によって適切な診断を受けることは重要な役割を果たすのです。風邪や気管支炎と症状が似ているために自覚が遅れやすいというのも、1つの特徴です。

タバコを吸う40歳以上の方は、特に定期的に検査を受けておくことをお勧めします。肺がんの検査としては、まずレントゲン検査を行います。以下では、それぞれの検査方法について解説します。

・レントゲン検査
簡単に行えるうえ、現在でも有用性が高いとされているもので、広く行われている方法です。ただし、肺がんの中にはレントゲンには写らないものがあるうえ、心臓や横隔膜、骨、血管の影で隠されてしまうこともありますので、レントゲンが万能なわけではありません。

・CT
様々な角度から体を輪切りにした画像を撮影することによって、肺がんを発見しようとする検査です。造影剤を点滴しながら行う場合もあります。この場合には、リンパ節転移の有無を調べることや他の臓器への遠隔転移を調べることを目的としていることが多くあります。

・MRI
MRI(核磁気共鳴画像診断法)は組織をある程度まで区別して画像化することができるというメリットがあるものの、呼吸の影響で鮮明な画像が作りづらく、肺がんでは転移の検査として使われることが中心です。

・PET
比較的新しい画像診断の方法で、半眼の検査としては肺野のの診断や縦隔のリンパ節転移の診断において効果を発揮します。

・喀痰細胞診
痰を採取し、がん細胞が含まれていないか調べる方法です。喀痰を3回検査することが一般的です。タバコを多く吸う方や、長年タバコを吸いつづけている方はレントゲンやCTに写らない肺がんが肺の入り口にできることが多くあり(多くは扁平上皮がん)、このタイプのものを診断するために有効な方法です。

・腫瘍マーカー
腫瘍マーカーとは、癌の存在によって異常値を示す物質を図ることによって、肺がんであるかどうかを検査するものです。肺がんの場合には、CEA、SCC,シフラ、NSEなどがあります。ただし、初期症状のうちは腫瘍マーカーが正常値を示すことが多く、また異常値を示しても肺がんではない場合もありますので、腫瘍マーカーだけで確定診断を行えるほどの正確さはありません。

・気管支鏡検査
痰が出ない場合や痰による診断ができない場合に、口腔の奥まで局所麻酔を行って、太さが5个ら6个曚匹竜ご瓢拔世鯢,筝から挿入し、気管支の中から組織や細胞を採取します。そのうえで、顕微鏡で癌細胞の有無を調べます。

・穿刺吸引細胞診
局所麻酔をした状態で、肋骨の間から病巣に針を入れ、細胞を採取します。気管支鏡によって採取された細胞では不十分な場合や、気管支鏡が病巣に届かない場合に用います。

・CTガイド下肺針生検
CTを使って病巣の位置を把握し、針で組織を採取します。

・胸膜生検
局所麻酔下において、肋骨の間から胸膜や胸水を採取して、がん細胞がないかを検査します。

・リンパ節生検
リンパ節の細胞を針で採取したり、外科的に採取して顕微鏡で調べます。

・胸腔鏡
小さな皮膚切開を行って胸腔鏡を入れて胸水等の検査を行います。

・縦隔鏡検査
縦隔鏡を挿入するために気管全部の組織の部分に空間を作り、直接視認しながら気管周囲のリンパ節や付近の腫瘍を採取します。

・骨シンチグラフィ
骨への転移の状態を調べるためにラジオアイソトープを用いて全身の骨のレントゲン検査をするものです。


食事を変えただけなのに癌が・・・
驚きの結果をもたらした方法とは?

【総力特集】
こんな方法で肺がんが・・・

当サイトコンテンツ
肺がんの名医

肺がんの検査

肺がんの初期症状

肺がんの末期

肺がんの手術

肺がんと抗がん剤

肺がんの放射線治療

肺がんのレーザー治療

肺がんの予防

肺がんの再発

肺がんの転移

肺がんの脳転移

肺がんのステージ

肺がんの生存率

肺がんの余命

小細胞肺がん

肺がんと線がん

肺がん闘病記


Copyright (C)肺がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system