肺がんの手術

肺がんの手術の方法としては、患部を部分切除する方法と、肺葉切除を行う方法、片側の肺を切除する方法があります。肺がんに手術を適用するのは、一般的に腺がんや扁平上皮がんなどの非小細胞がんの場合では、病期(ステージ)が鬼からA期までの場合で、小細胞がんの場合には、一期など早期の場合に限定されます。

まずは肺がんの手術の中でも患部だけを部分切除する場合について説明します。この方法では、手術により切除する範囲が狭いため、患者さんの負担を少なくすることができます。術後の負担も小さいものの、癌細胞が完全に取りきれないで残ってしまう可能性があります。

もっとも標準的な肺がんの手術は肺葉を切除する方法です。また、それだけでは不十分な場合には、片方の肺を全て取り除く片肺全摘出術を行います。肺が片方なくなってしまうので、術後の肺活量の低下の度合いが大きく、患者さんの体にかかる負担が大きくなります。

また、リンパ節に転移している可能性がありますので、リンパ節を切り取り(リンパ節郭清)、癌細胞が転移していないかを調べます。

通常はこれらの方法を開胸(実際には背中側から皮膚を切開)して行いますが、胸腔鏡を用いて肺がんを手術することがあります。胸腔鏡手術と呼ばれるもので、胸部に穴をあけて胸腔鏡を挿入します。胸腔鏡手術の場合、皮膚の切開の範囲が狭くて済むため、傷が小さいことや体への負担が小さいこと、術後の痛みが少ないといったメリットがあります。

デメリットとしては、出血した時の対応が難しいことや、専門医に求められる技量が高くなるため、誰にでも任せられるというものではないことが挙げられます。

手術においては、肺がんの名医に執刀してもらうのが安心な方法でしょう。これまでに多くの事例に立会い、成果を残してきた名医の手で執刀してもらえるのであれば、それだけベストな手術になる期待が高まります。

執刀医の力量によって、手術の成否が決する場合もありますので、誰が執刀するかということは、気楽に決められるものではありません。本当に信頼できる専門医に担当してもらうようにしてください。

術後には、息切れや創部痛を伴うことがあります。痛みがある場合には主治医に相談し、必要なら痛み止めを処方してもらいましょう。1人で抱え込むよりも、肺がんの手術に伴う出来事として報告しておいた方が、主治医として状況を的確に把握できるようになるので、好ましいです。

常に情報を共有することで、不測の事態に気付くことができる場合もありますので、我慢する前に報告しておくようにしてください。

また、術後に抗がん剤を用いることがあります。手術による問題だけではなく、抗がん剤の副作用が起きることもありますので、全身状態や体力を考慮しながら抗がん剤を投与する必要があります。後回しにして時期を逸することにより、抗がん剤の効果が落ちてしまうこともありますので、専門医としっかり相談しましょう。

手術を行うためには、それに適した時期に検査を受けて発見されていることが前提になります。小細胞がんの場合にはごく早期の限られたものだけが対象になりますが、非小細胞がんにおいても、進行の程度や転移の状態によっては手術を行うことができない倍もあります。そうなる前に早期発見を実現させることが、完治を目指す上で重要です。


食事を変えただけなのに癌が・・・
驚きの結果をもたらした方法とは?

【総力特集】
こんな方法で肺がんが・・・

当サイトコンテンツ
肺がんの名医

肺がんの検査

肺がんの初期症状

肺がんの末期

肺がんの手術

肺がんと抗がん剤

肺がんの放射線治療

肺がんのレーザー治療

肺がんの予防

肺がんの再発

肺がんの転移

肺がんの脳転移

肺がんのステージ

肺がんの生存率

肺がんの余命

小細胞肺がん

肺がんと線がん

肺がん闘病記


Copyright (C)肺がん克復のために All Rights Reserved.

inserted by FC2 system